「KENKO SHITAKE HIYORIKO(健康椎茸陽より子)」筑後市長浜 ランチ&カフェ

ハイヌくん
今回は筑後市長浜にあるランチ&カフェのお店「KENKO SHITAKE HIYORIKO(健康椎茸陽より子)」を紹介します!
店外の様子
車道沿いにある看板
お店の建物

大きな三角屋根の青と黄色を基調としたログハウス調のオシャレな建物です。お店の右側に見える通路を進むと奥に大きな駐車場があります。

 

お店の建物 側面

店舗の側面はログハウスっぽい感じが強くなっています。この店舗横の道を進んでいくと奥に駐車場があります。

お店の東側にある 椎茸の榾木(ホタギ)

お店の近くには椎茸の原木栽培で使われるホタ木が並べられていました。

 

お店の入り口の前には大きなウッドデッキ(木製ではないようです)とテーブル、花などが飾られていました。

お店のドアの隣にある看板です。ここに現在、営業中なのかどうかという事と本日のランチメニューが書かれています。

この日のランチは「ごはん、おみそ汁、ハンバーグまたは魚の煮付け、小鉢5品」となっています。

 

入り口の隣の壁には「HIYORIKO & KICHIEN」と書かれていました。

 

店内の様子

入り口から中に入ると右手側にレジと二階に上る為の階段があります。

 

一階の奥には手軽にコーヒーやランチなどが楽しめるカウンター席、二階には屋根裏のような隠れ家的なスペースがあるそうです。

 

物販コーナー

店舗内には物販コーナーもあり、こちらのコーナーには干しシイタケの他、麺つゆ、ドレッシング、昆布、鰹節などの他、陶器も販売されています。

椎茸コーナーにはこのような張り紙があります。

①産地

極上の九州産原木乾椎茸

苦みが少ない、佐伯いりこ

素材の良さを引き出す北海道真昆布を使用しています。

 

②安心・安全な味

乾椎茸、いりこ、昆布がそのまま入っていて余計なものが入っていません。

そのため離乳食にも安心してお使い頂きます。

 

③手軽さ

1000ccの水で出汁1パックを一晩で戻せます。これでお味噌汁を5~6杯作れます。

簡単で安全で美味しいので毎日のお出汁にも大活躍です。

 

レジ付近のこのコーナーでは「タマゴボーロ」「野菜スティック」「とろける杏仁」「とろけるプリン」「京ぜんざい」「くずゆ」「黒糖そら豆」「牛乳かりんとう」「黒糖かりんとう」「茶の舞黒糖」「丹波黒豆」「おしゃぶり芽かぶ」「かつおスライス」「抹茶あめ」などが並んでいます。

 

 こちらのコーナーでは可愛らしい「こどもはんてん」「綿入れ半纏」などの衣類が販売されています。

 

店舗の東側の販売コーナーでは「とうもろこしスープ」「かぼちゃスープ」「かつお三昧」「とろさば」「キムチ鍋の素」「カレー鍋の素」「焼き塩サバ」「ミニとろイワシ」「とろさんま」 「オイルサーディン」 「こどものためのレトルトカレー」 「こどものためのレトルトハヤシ」 「タイレッドカレー」 「タイグリーンカレー」 「あわせ削り」「かつおパック」「ふえふえわかめ」「食べるいりこ」「おつまみ昆布」「ねばり昆布」 「函館とろろ」「きくらげ」「車麩」「やきふ」などが並べられています。

お店の奥の物販コーナーはこのような形になっています。

 

1階カウンターの様子

1階の奥にあるカウンター席にはいくつかの椅子があり、こちらでコーヒーを飲んだり、ランチを食べたりする事ができます。

 

ハトムギに関する説明文
コーヒー

 

「KENKO SHITAKE HIYORIKO」は以前は「しいたけ村」という大きな看板がかかげられた丸太を前面に押し出したログハウス風の建物でしたが現在はオシャレな雰囲気のカフェ&ランチスペースとなっています。

物販は今も行われており、ランチだけでなく、ちょっとコーヒーを飲んでいきたいという人にも利用しやすいお店となっています。

以上、筑後市長浜にあるカフェ&ランチのお店「KENKO SHITAKE HIYORIKO(ケンコウシイタケヒヨリコ)」のご紹介でした。

 

住所・TEL・営業時間など
店名 KENKO SHITAKE HIYORIKO(ケンコウシイタケヒヨリコ) しいたけ村
住所 〒833-0005 福岡県筑後市長浜1529
TEL 0120-234-015
営業時間 11:00~17:00
ランチ 11:00~14:00
定休日:日曜日
駐車場 有り(店の奥に非常に広い駐車場があります)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)